close

活動報告Activity

2020.12.01

歯科技工12月号に掲載されました

前歯の審美改善を主訴とした患者さんの症例です。

スマイル時の写真
全体像
前歯の拡大写真

一見すると大きな問題はなさそうですが、注視すると様々な問題がありました。

・歯のすり減り

・酸蝕症

・虫歯

・咬み合わせが強いことによる骨隆起(https://www.jda.or.jp/park/trouble/kamiawase02.html

・合っていない被せ物が入っている

などです。

(酸蝕症は、毎日健康のためにお酢やグレープフルーツ、レモン(酸っぱいイメージがあるもの)を口にする習慣がある方や、胃酸が逆流しやすい方は要注意です!就寝前は控えたり、摂取後は口をゆすぐようにしましょう(^^))

治療は、

前歯にはジルコニア(セラミック)の被せ物、

虫歯の治療、被せ物のやりかえ

マウスピースの作製

を行いました。

咬み合わせや歯の形態などについては、

途中で仮歯を入れ、細かい調整を行いながら

何度も患者さんと技工士さんと話し合いを重ね

仕上げていきました!

治療後の写真です☺

スマイル時の写真
全体像
前歯の拡大写真

患者さんの満足を得ることができ、

現在、治療後1年半が経過していますが

咬耗等もなく順調に推移しております!

今井先生、お疲れ様でした(^^)