福岡市南区鶴田の西耕作歯科の小児歯科

close

小児歯科Child

保護者の方はみなさん、お子様の健やかな成長を願っておられるかと思います。小児歯科では、成人の歯科治療と同じように治療や予防を行い、「治療」においてはお子様一人ひとりに合わせた治療に取り組んでいます。更には疾患からの「予防」を子どもの頃から身につけていただくことで、お子様が生涯健康なお口と体で過ごせるようお手伝いしていきます。

子どもの治療の流れ

簡単な治療の流れ

  • 来院
  • お口の中の
    チェック
  • レントゲン
    (必要に応じて)
  • 治療orお掃除
  • 終了
子どもの治療の流れ

お子様の治療では一人ひとりのペースに合わせた治療を行います。お子様が歯科に慣れるタイミングや持っておられる恐怖心は一人ひとりで異なります。その為お子様の様子を見ながら、まず治療内容をお話しし、治療で使用する器具や機械を見ていただいた上で実際に行ってみます。このように少しずつ行うことで慣れていただき、治療に対する不安を軽減し治療を受けていただけるよう取り組んでいます。

子どもの予防について

  • お子様に合わせた清掃指導

    お子様に合わせた清掃指導

    お子様に合わせた清掃指導

    永久歯と乳歯が混合しているお子様は歯磨きが難しく、さらに生えたての歯は未成熟で虫歯になりやすい状態です。そのため、正しい歯磨きの方法を習得していただくことはとても重要です。

  • お子様に合わせた歯の清掃

    お子様に合わせた歯の清掃

    お子様に合わせた歯の清掃

    大人と同じように、プロによる歯のクリーニングを行います。必要に応じて専用の器具や機械を使用することで、歯石やバイオフィルム(バイキンの集合体)を除去し虫歯から予防していきます。

  • シーラント

    シーラント

    シーラント

    生えたての未成熟な歯の奥歯の溝は、特に虫歯になる可能性が高い部分です。その溝を埋めるための「シーラント」を行うことで虫歯から歯を守ります。

  • フッ素塗布

    フッ素塗布

    フッ素塗布

    未成熟な歯は成熟した歯に比べて虫歯になりやすいですが、未成熟な時期だからこそフッ素塗布を行うことで、もともとの歯質を強化し虫歯から予防していきましょう。

お子様の予防のポイント

  • 正しい歯磨きを習得すること(セルフケア)

  • 定期的なメインテナンスを受診すること(プロフェッショナルケア)

  • 予防のポイントは大人の方と同じです。小さい頃に正しいテクニックを習得することができれば、大人になっても応用することができ、ご自身で予防していく力を身に付けることができます。加えて、幼い頃から定期的にメインテナンスを受診する習慣がついていることで、大人になっても自然とメインテナンスを継続することができます。